カテゴリー

Categories

スタッフブログ

ご予約・お問い合わせはこちら

久米島ダイビング エスティバン

〒901-3108
沖縄県島尻郡久米島町
比嘉160-69

tel 098-985-7150
fax 098-985-7151

ふったりやんだり

晴れてる!

と思ったら、突然

滝のように雨が降ってきた

と思ったら、また

溶けそうなくらいに暑くなる

というのを1時間おきくらいに繰り返している、

絶賛梅雨ラストスパートな久米島です。

晴れた時に見える青空がもう夏の空の色をしています。

解放感に満たされるあの季節はもうすぐそこです。



先日スタッフ全員で夕方から船を出してサンセット&ナイト調査へ行ってきました。

アカハラヤッコがナズリングをしていました。

が、

産卵はしなかったです・・・

ほか、めちゃくちゃ必死にアピールしまくるヤイトヤッコもみましたが、連敗してる雄💧

なんだかうまいこといかないなぁ。



夜はすこしのライトを仕掛けて。

チョウチョウウオ科の稚魚

体側を撮りたかったのにずーーっとこっち正面で向かって泳いでくるので正面顔ばかりが撮れてしまった。

この日は思ったより出物が少なかったようで、、、(゜-゜)

また別日に再チャレンジです!!





この日の朝は橋の下にもいってきました。

オウゴンニジギンポの幼魚がいろんなところをウロチョロしてて可愛いです。

そして、

イカの卵を見つけました。

ウミショウブが生い茂る中にこっそり産み付けられていました。

なにイカだろう?






もえこでした😸

気温29度
雨がふったり晴れたりで洗濯がむずかしい。
ブルーインパルスみたかったなぁ・・・


棚上のおともに!

足しげく通うビーチポイントにたくさん居るヒメテグリ。
もちろんボートポイントにも居るけれど、ビーチの方が数は多い気がします。

最近、モンツキカエルウオの観察を一通り終えてから、残った時間は彼らをじっくり観察しているんですが、これが見ていて飽きない。

産卵するのはサンセットの時間帯なんだけれど、このヒメテグリの雄は早朝からせっせと雌に対して、体の割には大きな背びれを立てて猛アピール。
朝から頑張るなぁと感心するほどやる気満々…でも、雌は全く見向きもしないどころか雄から遠ざかるように逃げていく。
その温度差がまた面白い。

「ヒメテグリのフォー!!」

背びれを立てる時の顔が明らかに「フォーーーッ!!」って叫んでいるような顔をしていて、この表情がまた面白い。

雄通しが並んで喧嘩なんか始めると、交互に「フォー--ッ!!」 「フォー--ッ!!」 と叫び始める。
もちろん、彼らからすれば必死なんだろうけど、ケンカがヒートアップすればするほど、繰り返される「フォー――ッ!!」がまたまた面白くて仕方ない(笑)

一生懸命な奴を笑うな!!!

と、言われるかもないけれど、きっとそれは無理です(笑)

基本的には、棚上の10mより浅い所に居ます。
皆さん、棚上のおともにいかがですか??笑
あ、ちなみに大きさは3,4cmくらいの小さな生物ですが・・・

チャンスがあれば、どんどん紹介しますねー!!
どうも、健太朗でした!

気温:27℃
水温:25℃
ポイント:ミーフガー
たぶん6月に入ったらグンと水温が上がるんじゃないでしょうか・・・。


普段はあまり気に留めない魚かもしれませんが。

クロソラスズメダイが産卵中!(臀びれ手前から白い管が出てます。)

「クロソラスズメダイ」
よっぽどスズメダイが好きな方以外は、そんなに気にも留めない魚かもしれません。
なんせ僕も一昨年まではそうでした。。。
行きつけのタイドプールに居ることを知っていただけで、特に気にすることは無かったです。

でも、ある日見たことのない体色をしたスズメダイを見つけて、ゆくゆく調べていくと、それが「クロソラスズメダイ」の婚姻色でした。

クロソラスズメダイ雄の婚姻色

なんじゃこりゃーーーーーーーーー!!!!!
こんな模様のスズメダイいたっけ??
と、びっくりした出会いでした。

そんな「クロソラスズメダイ」の産卵シーン。
ちなみに婚姻色でこんな模様になる雄ですが、普段の体色は一枚目の雌とそう変わらない色をしています。

雄と雌が並ぶと全然違う模様!
この雄の婚姻色、個人的には好きです(笑)

今の時期にタイドプールに入れば比較的高い確率で見ることが出来るのですが・・・。
ちょっと朝早いです。

リクエストしてくれる方大募集です(笑)
そろそろルリスズメダイの婚姻色もバシッと撮りたい!

またチャレンジしてきます!
どうも健太朗でした!

気温:28℃
水温:ミーフガーは25℃、橋の下は26℃

明日は、ボートでナイトダイビング予定!!
どんな出会いがあるかなぁ^^


ようやく晴れた!!

いつから降り続けていたか定かじゃないけど、昨日までとにかくずっと雨!!
しかも、パラパラとかじゃなく大雨!!
その上、強風で海況は荒れ荒れ!!
ビーチからエントリーできる場所も無く・・・。
営業再開に向けての調査ダイブも、諸々の作業も滞ってしまいました・・・。



が、たぶんそろそろ梅雨は中休みかな?
そしたら、調査ダイブも陸作業もラストスパートです!!

今日は作業がはかどりました!!
おかげで手がプルプルしてます!!

そして、陸作業と同時進行で、スズがクラブハウスでバルサンを焚いて、掃除して!
さらに、こっそり進めていたNEWTシャツのデザインまで完成しました!!
はかどったな~。

2年ぶりのNEWTシャツ!
まだ販売開始の目途は立っていないですが、夏のトップシーズンに入るまでには販売できるよう頑張りますね~!
お楽しみください!!

どうも健太朗でした!

気温:27℃
久々の太陽が心の底から気持ち良かったです!
今日の夜は星も綺麗に見れるかな??


カメラが・・・

しばらく続いたモンツキカエルウオ観察も、台風1号(久米島最接近の時点では熱帯低気圧)のおかげで一時中断。
そして、台風通過後も梅雨時期ということもあり、不安定な天気・海況が続くので、モンツキはしばらくお預けかな・・・。

ヒナギンポが産卵中!

画像はモンツキ観察中に出会ったヒナギンポの産卵シーン!
雄の愛情が強すぎるのか、雌にべったりくっついて離れない(笑)
もうくっつくというより、雄が雌の上に乗っかってるような状態だった(笑)
そして、もちろん雌はとっても迷惑そう!

ヒナギンポの方が数は多くて、至る所で求愛しているけれど、いざ撮ろうと思うとサイズが小さいので撮りづらい…。
雄の求愛ジャンプを撮ろうにも距離を詰めるのが難しい・・・。(と思う。)

そう考えると、時間をかけて産卵をしていたこのシーンに出会えたのは、とってもラッキーでした!
もちろん、ガイド中にもヒナギンポはたくさん見かけるので、このシーンもガイド中に出会えたらいいな~。

イシヨウジが尾びれで一直線に立ってるようでした!

モンツキのポイントに入れないので、今日からはまたタイドプールへ!
ずっと前に読んだ本で「イシヨウジ」の生態に関することが書かれていたので、いつか観察しようと思っていた!
というわけで、今日はひたすら「イシヨウジ」(笑)

やる気満々で、前日からすべての準備を終わらせ、早起きして一人タイドプールへ!
そして、いざエントリーして、一枚試し撮りをしてからイシヨウジを探す。
そしたら、見つけた瞬間からイシヨウジが見たことない行動をしていて、
”おーっ、こういう事か~”と初めて見る光景に興奮しつつも、ちょっと気持ちを抑えてファインダーを覗く。

・・・??・・・あれ??・・・??・・・んん??

電源が落ちてる・・・。

色々触ってみたものの、うんともすんとも言わないので、急いで上がって、カメラを取り出して確認してみるものの、水没も一切なく、外見にも変化はない・・・。
とりあえず、バッテリーを抜いて、もう一度入れて電源を入れてみたら電源が入った!!
シャッターも切れる!!ほっと一安心して再度エントリー!
変わらず「イシヨウジ」たちは面白くて、何枚かシャッターを切る!!

そしたら、突然!




またカメラの電源が落ちた・・・。


またしてもうんともすんとも言わないので、また上がってカメラを取り出し、バッテリーの出し入れをするも・・・、







もうこの後一向にカメラの電源が入ることは無かった・・・。












仕方ない!
予備でTG5を持ってこなかった自分が悪い!




というわけでそこから90分はカメラ無しでずっと「イシヨウジ」。
結局最初見たときの行動以外は何も見ることが出来なかった。

うん、しばらく通おう。
もう少し、しっかり観察出来たらもっと詳しく書きますね~。


そして、明日からはしばらくTG5で臨むか、モエコにカメラ貸してーとせびってみるかと考えてた僕ですが・・・。

BOSSが、同じカメラを貸してくれることになりました。
実は今月頭にレンズも故障して、同じようにレンズも借りていました。


いつも、ありがとうございます!


明日もタイドプール行ってきます!
健太朗でした!

気温:27℃
水温:26℃

モエコとスズは橋の下へ、僕はタイドプール。
もう少し、海況が安定したら、ボートポイントでも調査をせねば!


嵐の前の静けさ

っていうほど台風が大変ってわけでは無いのですが、

ここのところずっと雨予報で、今日ももちろん雨マーク☔

なのに

晴れました°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°☀☀☀

こんなに晴れるなら洗濯ものしてから来ればよかった・・・



ここ最近日課にしつつあるのがビーチのおさんぽ。

島の西側のアーラ浜だったり、奥武島を歩いてます。

貝殻拾ったりもしますが、メインは、

海から藪まで続く痕跡

ウミガメの上陸跡探し!!

こんだけ登るの何分かかるんだろう・・・





おさんぽの後は橋の下へ。

今日は橋下家に新しい卵がありました。

実は橋下家は2軒あるのです。

橋下家(本家)
橋下家(分家)

どちらの家も子育て中です!



そして、橋の下水深1mほどのサンゴのところに、

あのアイドルがいました。

ミナミハコフグ幼魚

直径1cmくらいのちびが2匹!!

激かわです。



最後にオタマジャクシシリーズ

ハタタテギンポ幼魚

前回同様ギンポの幼魚ですが、

このこは成長しててオタマジャクシ感薄めです・・・

でも、草の陰から顔がひょこって出てきたときには

帰るのをやめてしまうほどのかわいさです。





台風が過ぎて天気が良くなったら浅井家の半水面撮りに行こうっと。
いつ晴れるかなぁ。







モエコでした😸





気温29度
水温26度(橋の下)
私は橋の下。ケンタロさんはミーフガー。スズはピクニック。





お知らせです!

本日16:05~テレビ静岡(フジテレビ系列)にて、『爆笑問題の深海WANTED』という番組に久米島のガイコツパンダホヤが登場します!
さぁ、久米島一のアイドルがどこで出てくるのか?
みなさん是非ご覧ください!
私はお店にテレビが無いので、クラブハウスで見ますね。
あと2時間後ですよ~👀👀👀


幼魚シーズン加速中!

スミレナガハナダイ幼魚が密に!

密だなぁ。もう少し離れなさい!!
じゃないと、一枚の画角に何匹の幼魚を写せるか!?という謎のチャレンジで時間を使ってしましまう。(笑)

ちょっと深いんだからそんなことさせないで(笑)


さぁ!爆発的に幼魚が増えてきました!!
ただただ可愛い!!

こっちはフチドリハナダイ幼魚

そこまで数は多くないから、フチドリハナダイの幼魚は密…とまではいかないかな。

スミレナガハナダイの幼魚の周りには、少しハナゴイの幼魚が混ざっていたりするし、フチドリハナダイ幼魚はキンギョハナダイの幼魚の中に混ざって群れている。

今度は2種盛で狙ってみましょうー!!

上手くいけば3種盛も夢じゃなかったり…。


ギョリコン(幼魚好き)には堪らない季節がどんどん加速中ですよ~!!!!!
営業再開したら、とことん幼魚押しでいこうかな。

どうも、健太朗でした!

ポイント:本日はウーマガイ一本勝負
水温:25℃

明日以降の台風の進路が気になりますね…。





たいふうできました。

ついに今年初の台風が出来ました。

週明けくらいには影響が出そうです。

が、

今日はまだ全然余裕なので。

東風が少しあってちょいとうねってはいましたが、

今日も安定のウーマガイ!



いつものようにちょっと深場探検して、

あとは棚上ねちねち。





棚上は冬はオスが多かったキンギョハナダイですが、

いまはメス・幼魚が多くなってオレンジワールドです。

それでもオス同士の争いは未だ激しいようで、

傷だらけの子も見かけました。

ぴょーんっていう背びれが無いです。
背びれは全体的にギザギザしてます。

この界隈のBOSSにやられてしまったのでしょう…💧







すこしウネウネだったので今日はペラミー(ペラペラのピグミー)探しはせず、

ドロップ際をウロチョロしてました。

すると、いつも視界に入りすぎて特に気にしていない、この子

ハタタテハゼ。

お腹が大きい子がいました。

比較対象がたくさん居るのでお腹の大きさの違いが見てるとすぐわかります。



そして、、、!

沖縄地方では稀種とされるベニゴンべ!!!

以前に一度だけ見かけたことがあったので、
いるんだ~
って認識だったのですが、

恐らく前回見たところとほとんど同じところなので、

この辺りに住んでるのではないかと思います。

次行った時も確認してみます!!





モエコでした😸







天気 晴れ→曇り
気温 27度
水温 25度
ウーマガイ

海上がり、船上での紫外線が強烈です。
焼けちゃう。


サンセットダイブ!!

昨日、一昨日と二日続けてボートポイントでのサンセットダイブ!!
モンツキカエルウオは孵化するかな~とか、ハナダイの仲間やヤッコの仲間はどうだろう??とか、もしかしたらサンゴ産卵するかも??なんて期待しながらいざ行ってまいりました!!

アカハラヤッコのナズリング

ボートポイントなら、ヤッコの種類も数も多いので、比較的容易に観察できます!
個人的にこういうシーンは雌のお腹から卵が出ている瞬間を撮ってもらいたい…。
少し早かったようです…。

小さな粒が写ってます!

そして、さっきの写真の一枚後がこれ!
白いもやの部分が放卵放精後の卵です!

クロハコフグの求愛

エントリー直後から目の前でずっとイチャつくカップルが…。
この子たちは何度か見ているけれども、こうやっている時間が長いことが多い…。
最後までいくのに時間がかかる気がします。

いちゃいちゃ

いちゃいちゃいちゃ。

いちゃいちゃ

いちゃいちゃ…。


まだか…?









結局、最後の瞬間は撮ることが出来ず…。







すいません、僕の興味が他の生物に移ってしまいまして…。

サンゴの産卵したー!!
確認できたのは、この2種類でしたが、両方とも初めての観察でした!
日中の海の様子から、何となくするかなーと思ってましたが、勘が的中!



なんだか今日もサンゴは産卵するんじゃないかな…??
なんて思いながらも、風向きが変わってしまってポイントに入りづらくなったので、お預け…。

来月にはもっと大きな規模で見れると思うので、可能な限り狙っていきますね~。


写真はあまり撮れていませんが、他にもキンギョハナダイが大盛り上がりだったり、至る所でゴンべの仲間たちが産卵したり、ハタの仲間たちが産卵したりと大忙しのサンセットダイブでした!

以上です!健太朗でした!

ポイント:ウーマガイ・シチューガマ
水温:25℃

モエコはロクハンのロングジョンに3mmのジャケットに衣替えしましたが、僕は未だに上下ロクハンです。僕もそろそろ衣替えしないと…。


闘い

今日のウーマガイドロップ際、

オスVSオスが繰り広げられてました。

追いかけたり、くるくる回ったり、嚙みつき合ったり。

ハゲブダイ、男の闘い

動画を撮ろう!

って思ってたのに、

TGを船の上に置いてきたことに気づきました・・・Σ(゚д゚lll)

ざんねん。

相方を攻撃するハタタテハゼ

同じ家にすむ相方なのに仲悪いのか?
ときどきカプッって。
仲良くしなさいょ。







水温が上がってきたということで、

ヤマブキ父ちゃんも始まってました!!

いろんなところのヤマブキさんが子育て頑張っております。

浅場の極小ピグミーも健在です。

Hippocampus colemani

明日はちょっとお天気が崩れる予報。

こりゃひきこもりだな。

もうそろそろ梅雨入りの気配・・・



モエコでした😸





天気 晴れ
気温 29℃
ウーマガイ
ロクハンの上着をやめて、ロングジョンはロクハンで、上着は3mmに変えました。快適です。60分超えると少しひんやりしました。



PAGETOP